心掛けてコミュニケーションを図る

私は人見知りで、職場でも自分から積極的に話しかけるタイプではありません。話しかけられたらもちろん会話をしますし、そこから仲良くなることもありますが、全ての場合において相手側からのアプローチによるものでした。

結婚後一度は仕事を辞めたのですが、また派遣社員として仕事をするようになりました。そこは女性ばかりの職場だったし、働いている人たちの年齢が近かったこともあって珍しくすべてのスタッフと話しをするようになりました。あるとき、会社の行事、休み時間の社員同士のコミュニケーションについての話になったことがあります。
会話をしていた相手はとても読書が大好きな人なのですが、お昼休憩などの時にはできるだけ読書をしたい、という風に思っているのだそうです。ですが、誰かほかのスタッフとお昼休憩が重なった時にはできるだけ読書を我慢して話をするように心掛けていると話していました。スタッフ同士でコミュニケーションをとることで会社内の雰囲気も良くなるし、誰かが孤立してしまう状態というのが無くなり、業務が円滑に進められる、というのがその理由です。
ですから、会社の行事には行きたくないと思えば行かない今の若者たちの考え方は間違っているとも話していました。私も昔は行きたくない行事には参加しなかったなと思いながら話を聞いていたのですが、確かに、コミュニケーションを図ることで人間関係もうまくいくし、とても大切なことなんだなあと感じました。まあ、人それぞれ違った考え方がありますし、一概にどれが正しくてどれが間違っているとは言えませんけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です